東京・群馬で活動する若手公認会計士

相模湖でのBBQ

2011.09.24 12:03

子供の同級生(同じマンション)家族と相模湖でBBQを実行。

初めて連休に中央道を走行。とてつもない渋滞にはまり、一瞬で高速からは離脱。今回はナビに助けられた。

場所は昔の相模湖ファミリーランド。現在は相模湖プレジャーフォレスト。園内は広く、宿泊もOK。一番気になったのはRCコースがあること。

RCカーグランプリ世代の人にはかなり興味深いのでは(今度は探検してみよう)

子連れかつ慣れてない大人ばかりだったので手軽なBBQスポットを探し、この場所となった。

手ぶらでもOK(われわれはすべて持ち込み、入園料と場所代で大人が一人2,100円 設備投資が一切必要ないので今回のようなBBQには良いですね。家族で行くにはやはり道具をそろえて東京から100km以上離れたところに行きたいものです。

子供たちは大はしゃぎ、大人たちも肉に満足。

 

おいしいノンアルコールビールが登場したことで大人の満足度はかなり高くなったのでは(あの商品は糖尿病患者にも大変重宝されています)。

 

TDL

2011.09.20 16:50

夏休み明けの週末、2年ぶりに家族と共に東京ディズニーランドに行ってきました。

 

台風接近のため土曜日にしては空いていて、短い滞在でしたが結構楽しめました。

今後も家族と一緒に行くことになるでしょう。

運営会社であるオリエンタルランドについて会計士っぽい情報を以下に記載。(出所はすべて直近の有価証券報告書です。)

【運営会社オリエンタルランドについて】

運営会社であるオリエンタルランドはすでに50年以上の歴史あり(当然ご存じ京成電鉄の子会社として設立)以下リンク先50年史は面白い。埋め立ての歴史から記載あり。きちんと液状化対策をしたことが功を奏していますね。

http://www.olc.co.jp/50th/

【ライセンス料について】

米国Walt Disnyに対してロイヤルティーを支払っているが、その料率や額は有報からは読み取れない。売上の10%として約300億程度。知っている人いますか?

【ARPU 顧客一人当たり売上高】

『 テーマパークのゲスト1人当たり売上高は10,022円(同2.9%増)と過去最高となりました。チケット収入は、4,217円(同0.3%増)となりました。商品販売収入は、3,629円(同7.5%増)となりました。飲食販売収入は、2,176円(同0.7%増)となりました。』(有報 定性情報)

商品販売収入が伸びています。『スーベニアセット』という代物が頻繁に売っていました。我が家も初めてポップコーンのケースやミニーちゃんの風船を購入。我が家の支出は4人で22,000円程度。子供の入園料はタダなので、一人あたり11,000円となり、平均以上の支出か(子供の飲食代も含まれていますが。)

【シルクドソレイユ減損】

最近シルクドソレイユシアターの公演が終了する旨のリリースがありました。これに先立ち会計上は前期に減損損失を計上。3,367百万円を損失として処理している。劇場の簿価がゼロになっているとは思えないが、今後の利用は固定費負担が軽減され、利益が出やすい。やはり体力がある会社は減損処理を適時に実施できる。

【新アトラクション】

トイストーリーとミッキー関連のアトラクションが工事中(それぞれ現時点で25億程度の投資)

『東洋一のレジャーランドを建設する』との事業目的をきちんと達成している。立派な会社ですね。

 

 

↑このページのTOPへ